韓経:「韓国最高の輸出品は韓国人」(中央日報日本語版)



「教育革新を通じて新しい時代を先導するために第4次産業革命は『人』を指向しなければなりません」。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日に開かれた「グローバル人材フォーラム2017」開幕式に祝賀メッセージを送りこのように話した。政財界と学界の主要出席者もやはり第4次産業革命は単純な技術発展を意味するものではないということで意見が一致した。柳成葉(ユ・ソンヨプ)国会教育文化体育観光委員長は「科学技術だけでなく人文学、芸術を含めた人材を養成してこそしっかりとした第4次産業革命を準備できる」と話した。

◇個人能力組織化するシステム見つけよ

今年で12回目を迎える「グローバル人材フォーラム2017」は100人余りの主要関係者を含む3000人ほどの出席者で1日中にぎわった。彼らは「私たちが作る未来」という主題で意見を交換し討論を行った。大韓商工会議所の朴容晩(パク・ヨンマン)会長をはじめ、錦湖(クムホ)アシアナグループの朴三求(パク・サムグ)会長、LSグループの具滋烈(ク・ジャヨル)会長、有進(ユジン)グループの柳京善(ユ・ギョンソン)会長、セルトリオンの徐廷珍(ソ・ジョンジン)会長、ホテルロッテ・ロッテワールドの朴東基(パク・ドンギ)社長ら財界主要関係者が大挙参加して注目を集めた。

柳会長は人材フォーラムでは常連だ。朴容晩会長は「韓国は個人能力は優れているのに組織的に人を育てるシステムが弱い。人材フォーラムでその方策を探そうと思う」と話した。徐会長は「韓国が輸出する最高の商品がまさに韓国人。若者の能力に疑問はないので彼らをどのように導いて最高の人材に育てるかが主要関心事だ」と話した。産業銀行の李東傑(イ・ドンゴル)会長、KB金融持ち株の金玉賛(キム・オクチャン)社長、新韓金融持ち株のチョ・ヨンビョン会長、KEBハナ銀行のハム・ヨンジュ頭取ら金融界トップも同席した。

中堅・中小企業関係者の熱気も熱かった。ファッショングループヒョンジの崔炳五(チェ・ビョンオ)会長は「中堅企業はいつも人材に飢えている」とした。ビットコンピュータの趙顕定(チョ・ヒョンジョン)会長は「第4次産業革命と関連したITやドローン関連講演が開かれた午後のセッションが印象深かった」と話した。ベンチャー企業協会のアン・ゴンジュン会長は「韓国の創業者は創意性が顕著に落ちる傾向があるが、これは討論文化が不足した教育に起因する。人材フォーラムを契機に経済界・教育界に討論文化が定着するよう望む」と期待した。

◇知識生産者としての大学の役割に悩み

学界関係者らは未来に対応するためにどのような教育方式を用意すべきかに対し熱を帯びた討論を行った。韓国教員団体総連合会のハ・ユンス会長は「『夢挑戦、そして創造』を主題に開かれた昨年の人材フォーラムが第4次産業革命人材像の総論ならば今年は『私たちが作る未来』という主題で各論に当たる具体的なテーマを提示した」と評価した。韓国ポリテック大学の李祐栄(イ・ウヨン)理事長は「イスラエルのような革新がなぜ足りないか確かめれば結局創意性教育の不在と連結される。起業家精神を育てる教育が『人生N毛作』時代に強い人材を作るだろう」と予想した。

人材フォーラムは毎年主要大学総長の社交の場の役割もしている。この日もやはり高麗(コリョ)大学の廉載鎬(ヨム・ジェホ)総長、忠北(チュンブク)大学の尹汝杓(ユン・ヨピョ)総長、成均館(ソンギュングァン)大学の鄭圭相(チョン・ギュサン)総長、KAISTの総長、草堂(チョダン)大学の朴鍾九(パク・ジョング)総長らが参加した。彼らは知識生産者としての大学の役割に悩んだ。廉総長は「今年の人材フォーラムの主題である『私たちが作る未来』の『私たちの』が高麗大学ならば、どのような役割をできるか苦心している」として今年の主題に共感を示した。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

【関連記事】

Related Post