(朝鮮日報日本語版) 韓国の公務員生涯収入、中小企業を8千万円上回る(朝鮮日報日本語版)



 韓国で公務員になれば、中小企業よりも退職までに最大で8000万円近く多い収入が得られるとの分析がまとまった。公務員試験に受験生が殺到するのも職業の安定性だけでなく、高所得が期待できることが関係している。

 韓国経済研究院がこのほどまとめた報告書によると、公務員試験(7級・9級)に合格して公務員になった場合と小企業(従業員数1-49人)に就職した場合を比べると、生涯収入は公務員が最大で7億8058億ウォン(約7900万円)多かった。公務員は退職までに15億ウォンを超える収入を得られるが、小企業では8億ウォンに届かなかった。また、公務員の生涯収入は、中堅企業(300-999人)より4億8756万ウォン多く、大企業(1000人以上)より6875万ウォン少なかった。超難関である大企業に入れない以上、公務員になることが身分保障の面でも所得面でも有利との結果だ。

 こうした現象は、公務員の待遇改善、俸給、昇進などによる賃上げ率(年平均7%)が大企業(6.2%)より高いことに加え、退職年齢が平均56-59歳で大企業(52歳)よりも遅く、勤続年数が長いことが背景にある。

 報告書は「今回の研究結果は、職場の安定性だけでなく、金銭的側面でも公務員が民間企業より好まれるのが当然だという事実を確認したものだ」とした上で、「民間企業よりも高過ぎる水準に設定された政府の報酬体系を見直し、合理的な労働力配分がなされるようにすべきだ」と指摘した。ユン・サンホ研究委員は「公務員試験の受験生で実際に公務員になる人は10%程度にすぎない。公務員試験合格は所得向上の機会になるかもしれないが、反対に試験に失敗すれば、生涯収入が大きく減る点を見過ごすべきではない」と述べた。

 韓国経済研究院は今回、韓国雇用情報院による2007-14年の大卒者職業移動経路調査に基づき、政府と民間企業の就業者の年収、退職年齢、賃上げ率、物価上昇率などの統計を分析した。

【関連記事】

Related Post