(朝鮮日報日本語版) 在日米軍基地が射程に入る「北極星2型」、北が実戦配備(朝鮮日報日本語版)



 北朝鮮は21日、固体燃料を使用する「北極星2型」ミサイルの試験発射に成功し、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が部隊への実戦配備を承認して大量生産を指示したという。「北極星2型」の最大射程は、当初は2500-3000キロとみられていたが、韓国軍の合同参謀本部(合参)は22日、「射程2000キロの準中距離ミサイルと推定される」と修正発表した。

 外信各社は、このミサイルについて「発射準備にかかる時間はたった5分」と分析した。韓国軍の「キルチェーン」の監視を避けて沖縄を含む在日米軍基地を核弾頭で攻撃し、韓半島(朝鮮半島)への米軍増援部隊派遣をけん制できる、という意味だ。

■固体燃料の準中距離ミサイル、初の実戦配備
 北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、北極星2型の試射はミサイルの各種技術的性能を確認することに重点を置いたものであって、無限軌道型移動式発射台(TEL)からの「コールドロンチ」システム、ミサイル誘導および安定化システム、ロケット1段目・2段目の切り離し、固体燃料エンジンの性能チェックなどが行われたと報じた。「コールドロンチ」とは、ミサイルが発射筒から蒸気圧で押し出され、発射筒の外に飛び出してからエンジンに点火する発射方式のこと。もともとは潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星1型」向けの技術として開発されたものだ。

 北極星2型の量産および実戦配備は、射程2000キロに達する準中距離固体燃料ミサイルとしては初のケース、というところに意味がある。これまで北朝鮮が実戦配備した固体燃料タイプの地対地ミサイルは、最大射程がおよそ200キロにすぎないKN02だけだった。固体燃料ミサイルは、液体燃料ミサイルに比べ、発射準備にかかる時間が極めて短い。このため、韓米が偵察衛星などで事前に探知するのは難しく、先制攻撃などの「キルチェーン」を無力化できる。

 米国の航空宇宙専門家、ジョン・シリング氏は今年2月、北朝鮮専門メディア「38ノース」に寄稿した記事で「ノドン・ミサイルの場合、液体燃料の事前注入などに30分から60分かかるが、北極星2型は発射準備に5分しか要しない」と指摘した。

【関連記事】

Related Post