<イラク>日本のNGO、IS支配地域からの避難民に冬物衣料を配布~感謝の声ひろがる(写真3枚)(アジアプレス・ネットワーク)



◆避難民に約8000着配布

イラク北部クルド自治区アルビルで活動する日本のNGO団体が、今月中旬までに日本の企業が提供した防寒ジャケットなど衣料品、約8000着を避難民に配布した。戦火と混乱のなか、着の身着のままで脱出し、厳しい冬のなかか過酷な生活を強いられている避難民には、日本への感謝の声がひろがっている。(イラク北部アルビル・玉本英子)

関連写真を見る: IS支配地域から逃げてきたばかりの家族(写真8枚)

イラクやシリアからの避難民への支援を続けているのは、日本のNGO、IVY(アイビー・本部・山形市)。これまでにアルビル現地で避難民児童のための学校建設や通学バス支援、生活物資の配布などを続けてきた。

今回、衣料品を提供したのは株式会社ユニクロで、約8000着を用意した。輸送費は日本の市民が寄付、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が一部負担し、在イラク日本大使館が協力した。衣料品はIVYを通じ、2月中旬までにすべてが避難民各世帯に配られた。ジャケットなど大人・子どもの防寒具が中心だ。

イラク軍は武装組織イスラム国(IS)に対する大規模掃討作戦を各地で展開している。これまでにIS支配地域やその近郊から15万人以上が脱出し、避難民となった。一部はクルド自治区のキャンプに身を寄せ、冬は氷点下近くになる日もあるなか、厳しい生活を強いられている。アルビル市内には中古品バザールがあり、安価な服も買えるが、避難民は経済的な余裕がないため移動もままならず、冬の衣料の支援が求められていた。

IS支配地域だったセラハディン郊外の村から逃れてきたばかりの避難民女性、テルファさん(30)はISとイラク軍との戦闘で家が破壊されたという。「何もかも失い、絶望していました。凍えるような寒さのなか、日本の質のいい冬物衣料を受け取り、心まで温かくなった」と笑顔いっぱいだった。

キャンプの代表者によると、避難民は生活費に困窮し、手に入れた支援物資を転売して現金に替えるケースがあいついできたという。だが、今回、日本から衣料支援物資ではそのようなことを起きていない、と話した。

IVYアルビル代表の武田めぐみさんは「人道支援の現場では、食料やテントなどが優先されるが、衣料も必要な支援物資。今回、良質の冬服は避難民に喜ばれた。ご協力いただいた日本の方々に感謝したい」と語る。
IVYは今後も避難民に、灯油など生活支援物資の配布を続ける予定だ。【玉本英子】

【関連記事】

Related Post