朴前大統領の逮捕状請求は「法と原則に基づいて決める」=検事総長(WoW!Korea)



韓国の金秀南(キム・スナム)検事総長は23日、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状請求に関して、「法と原則、そして捜査状況に基づき決める」と述べた。検事総長が前大統領の逮捕状請求について公に発言するのは初めて。

 検察側は、憲法裁判所の「罷免決定」により失職した朴前大統領に対して、収賄などの容疑で捜査を進めている。

 金検事総長は、特別捜査本部より「朴前大統領と崔順実(チェ・スンシル)被告が関わったとされる疑惑」の報告を受けた。これにより、朴前大統領の逮捕状を請求するかどうかについて、今後検討することになる。

【関連記事】

Related Post