アメリカ副大統領、北朝鮮への圧力の継続を強調 – ParsToday (風刺記事) (プレスリリース)



アメリカのペンス副大統領が、北朝鮮と韓国の緊張緩和にもかかわらず、アメリカが北朝鮮への圧力を継続することを明らかにしました。

ペンス副大統領は、14日水曜、AXIOSのインタビューで、「アメリカは、北朝鮮と対話を行う用意があるが、それは、地球上で最も非道で抑圧的な北朝鮮の政権に、核兵器計画を停止すべきだと理解させるためのものだ」と語りました。

また、「アメリカは、北朝鮮に対する経済的、外交的な圧力の拡大を継続する。北朝鮮の政権が核兵器計画を放棄しない限り、この国に対する制裁は続けられる」としました。

ペンス副大統領は先週、ピョンチャン冬季オリンピックの開幕式に出席しましたが、北朝鮮の代表団とは接触しませんでした。

韓国のムンジェイン大統領は、北朝鮮のキムジョンウン労働党委員長の妹であるキム・ヨジョン氏が率いる北朝鮮の高位級代表団から、正式に、ピョンヤン訪問とキム委員長との首脳会談の要請を受けました。

南北朝鮮の最近の関係改善にも拘わらず、アメリカ政府関係者は依然として、北朝鮮に対する圧力を継続しようとしています。



Related Post