他紙既報ネタを“独自”に NHK「金正男暗殺」珍報道の内幕 – ニフティニュース



 13日にNHKニュースが“独自”と銘打って大々的に報じた「金正男氏暗殺事件の背景」の報道が波紋を呼んでいる。

 内容は1年前にマレーシアで北朝鮮の金正恩委員長の異母兄、金正男氏が暗殺された事件について、故金正日総書記の後継争いが背景にあったというもの。NHKはこれを“スクープ”と報じた。

 しかし、ほぼ同様の記事は昨年8月に日経新聞編集委員の中沢克二氏が署名で書いている。また、産経新聞も金兄弟の“暗闘”のベースとなったエピソードを3年前に報じており、産経はNHKのスクープの翌14日、15年2月25日の記事を“NHKも追随”と題してネットに再掲載した。“抗議”の意味が含まれていたのかもしれない。

 NHKのベテラン記者がこう言う。

「“独自ネタ”が基本のNHKでは、昨年5月に秋篠宮家の長女・眞子内親王と小室圭さんの婚約みたいに、よほど大きなニュースでもない限り、わざわざ“独自”とは打ちません。スクープ扱いのネタはせいぜい年に10本あるかないか。なので今回、NHKが『金正男氏暗殺事件の背景』をスクープ扱いにしようとしていることを事前に察知した記者たちは『日経の既報ネタです』『独自じゃない』と上層部に報告しました。ところが、最終的に国際部が“GO”を出してしまったのです。ニュースを見た1200人の記者は愕然としていました」

 案の定、NHKのツイッターには〈スクープじゃねえだろ、ポンコツNHK野郎!〉などといった“抗議”が寄せられている。なぜ今回のニュースを“スクープ”扱いにしたのか。NHKに問い合わせたところ、「個別のニュースや番組の編集判断については、お答えしていません」(広報局)と回答があった。

 NHKは、加計学園疑惑で前川喜平前文科次官のインタビューに一番最初に成功しておきながら、なぜかスクープを“封印”。だからこそ、今回のニュースをスクープとしたことが余計にいろいろな臆測を呼んでいる。



Related Post