「731部隊の悪行を隠ぺいした」=米政府は中国人に謝罪すべき―米国人記者



2018年2月14日、台湾メディア・聯合新聞網によると、米国人記者が「米国政府は旧日本軍731部隊による悪行を知りながら隠した」として、中国国民に謝罪するよう求めている。

【その他の写真】

記事によると、米国人記者のPaul Johnson氏は、ドキュメンタリー映画の撮影のため、2015年4月から5月まで、中国のハルビン市、北京市、浙江省を訪問し、70〜80代の20人近くの中国人にインタビューを行った。

インタビューを受けた人はいずれも、旧日本軍による細菌爆弾の攻撃を受けた経験を語っているという。中には足の壊疽やペストなどの後遺症に苦しんでいる人もいて、自身が被害者ではないものの、父親が細菌爆弾で死んだという人もいると紹介した。Johnson氏はドキュメンタリー映画でこれらの事実を明らかにした最初の西洋人だと記事は伝えている。

Johnson氏は「このドキュメンタリーを通して、もっと多くの人に事実を知ってもらいたい」「米国はこれらの人体実験資料を手に入れた後、軍事面で利用しており、これらの資料は中国人の命と引き換えに作られたものだ。米国は中国人に謝罪すべき」と主張している。

このドキュメンタリー映画は、「731―米国はいかにして日本の生物兵器犯罪を利用したか」(731-How America Exploited Japans Biological Weapons Crimes)という題名で、3月15日からカナダのメトロバンクーバーで公開される。

Johnson氏は2012年から14年までの間、北京市で報道関係の仕事をしており、2015年にワシントンへ戻った後、ワシントン大学の図書館で731部隊に関連する秘密資料を発見。同氏が発見した資料には、日本の侵略部隊が1930年代後期から1943年に至るまで、中国中部で細菌戦を行い、数千人の庶民が死傷している事実がはっきりと記されていたという。同氏は、「米国のマッカーサー元帥は終戦時に、731部隊による細菌戦で中国人を殺害した事実を十分に知りながら、中国人に対する人体実験の資料を得るために、交換条件として関係する戦犯者にしかるべき懲罰を与えなかった」と考えているという。

同氏は「関係する歴史をさらに理解することで、731部隊の悪行を再び繰り返すことを避けることができ、米国政府に真相を認めるよう促すことで、米国と中国の友好関係を深めることができる」と述べているという。(翻訳・編集/山中)



Related Post