「他人に迷惑をかけない」が日本の原則、これができない中国人を見ると恥ずかしい=中国



 中国の公共交通機関では乗客が賑やかに会話していたり、携帯電話で大声で話をしているのはごく当たり前の光景だ。また、車内で飲み食いする人も多く、マナー違反だと咎める人もいない。

 それゆえに、中国人からすれば、日本の公共交通機関では何かを飲み食いする人がいないのはもちろん、話をしている人も小声で周囲に気遣っていることが驚きのようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、なぜ日本人は公共交通機関で電話をしたり、飲み食いしたりしないのかと疑問を投げかけ、中国人ネットユーザーたちが議論を交わしている。

 記事に寄せられたコメントを見てみると、「車内で何かを食べればゴミが出るし、電話をすれば他人の妨げになる。これらは日本人にとっては『他人に迷惑をかける行為』であり、日本人はこれを嫌う」という指摘が複数寄せられた。特に日本在住の中国人からは、「時おり『他人に迷惑をかけない』という原則が理解できていない中国人を見ることがあるが、恥ずかしくてたまらない気持ちになる」という意見があった。

 また、通勤時の電車内は非常に静かで、「針を落としても音が聞こえるのではないかと思うほどの静けさだ」としたうえで、これは日本が高度に規則化され、秩序化された社会であることを意味するという意見もあった。

 さらに、不特定多数の人が利用する公共交通機関であるにもかかわらず、大声で騒いだり、飲み食いする日本人がいないことは「日本人の多くがルールを守り、他人に配慮できる素養があることを示す」とし、日本人は誰もがルールを守れるからこそ効率的な社会運営が可能で、民度が高いというイメージが定着しているのだという指摘が見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】
日本を愛すべきか憎むべきか、混乱する中国人に「極端は避けよう」
中国でも好まれる「忍者」、だが「忍者刀」は日本人の創作かもしれないぞ=中国
日本人はなぜこれほど甘いものを愛してやまないのか
中国人の目に映る「日本の気がきくタクシー」、もしかしたら「違法」かも
不愉快だ! 中国人が日本で消費することは「日本の軍備拡張につながる」



Related Post