TWICE、ビルボード・ジャパンHot 100100総合1位の快挙(中央日報日本語版)



韓国ガールズグループのTWICE(トゥワイス)がビルボード・ジャパン(Billboard JAPAN)「Hot 100」首位に登場した。

TWICEは、日本2ndシングル『Candy Pop』リリース初週のビルボード・ジャパン集計基準で30万3746枚を売り上げてシングル部門1位など4冠に輝き、Hot 100総合1位にランクインした。

『Candy Pop』はシングル1位、ルックアップ1位、ストリーミング1位、動画再生1位の計4冠を占めた。TWICEの他の曲もストリーミングと動画再生数が大幅に増え、100位圏に計10曲を送り込む躍進を遂げた。『Candy Pop』の週間動画再生数が596万7235回を記録したと紹介したビルボード・ジャパンは、「2位と約300万回の大差を付け、前週よりも約200万回増となっており、しばらく総合上位を守り続けることは確実だ」と伝えた。

同時に『Candy Pop』はオリコンでも集計基準で26万5758枚の売上枚数を記録し、週間ランキング首位を獲得した。14日、日本最大音盤集計サイトのオリコンは、『Candy Pop』は5日から11日基準の週間シングルランキングで初週26.6万枚を売り上げて1位に初登場したと伝えた。

これに先立ち、オリコンは「TWICE、“海外歌手初”1stシングルから2作連続1位&初週20万枚超え」というタイトルの記事を掲載して、TWICEの2ndシングル『Candy Pop』のオリコン週間ランキング1位登場の便りを早々と伝えて話題を集めていた。 

オリコンはこの中で、「TWICEの日本2ndシングル『Candy Pop』(7日発売)が、2/19付オリコン週間シングルランキング(集計期間:2月5日~11日)で初週26.6万枚を売り上げ、1位に初登場」とし「前作『One More Time』(昨年10月発売)から2作連続で1位を獲得し、初週売上も20万枚を突破した」と明らかにした。 

『Candy Pop』はバレンタインシーズンにぴったりのカラフルなポップラブソングとして現地で注目されている。TWICEが初めてアニメとのコラボレーションを試みたミュージックビデオ(MV)は、動画サイトのYouTube(ユーチューブ)で3170万再生回数を超えて人気を集めている。

【関連記事】

Related Post