[FT]中国フィンテック発、信用不安の懸念 – 日本経済新聞



 中国の浙江省杭州市にあるアント・フィナンシャルの本社を訪れる人は通常、ライトが点滅する巨大なデジタルディスプレーをじっくり眺めるよう促される。電子商取引(EC)大手アリババ集団の金融部門であるアントの最新情報を伝え、中国全土で中小企業や個人に貸し付けられている融資の残高が更新されていく画面だ。

 だが、表示されないデータもある。その一つが、アントが資産担保証券(ABS)市場で借り入れている資金の額…



Related Post