iPhoneに中国の半導体メモリー アップルが検討 – 日本経済新聞



 【台北=鄭婷方】米アップルがスマートフォン(スマホ)iPhoneなどの製品に、中国企業の半導体メモリーを採用する検討に入った。コスト削減が狙いで中国国有半導体大手、紫光集団傘下の長江ストレージからの調達を想定している。ただ、半導体は機密保持など安全保障における重要性が高く、まずは中国国内向け製品に限り採用するとみられる。

 複数の関係者が明らかにした。採用を検討しているのは電子機器のデータ保存を担…



Related Post