韓国政府の新年業務報告 首相が初主宰へ=18日から



【ソウル聯合ニュース】韓国政府の新年の業務報告が李洛淵(イ・ナクヨン)首相主宰で18〜29日に実施される。大統領や大統領権限代行ではなく首相が主宰するのは初めて。国務調整室が14日伝えた。

李洛淵首相=(聯合ニュース)

李洛淵首相=(聯合ニュース)

 新年の業務報告を李首相が主宰するのは文在寅(ムン・ジェイン)大統領が公約した「責任首相制」の一環。昨年5月に発足した文政権が2年目を迎える前に国政の細部を点検し、官庁間の連携を促進する狙いとみられる。

 業務報告は「所得主導の成長と国民の暮らしの質向上」(18日)、「外交・安全保障状況と南北関係改善」(19日)など主題別に計7回2〜3時間ずつ行われる。各官庁の報告は10分程度で、残りの時間は官庁間の壁を取り払った実務的な討論形式で進められる。

ikasumi@yna.co.kr















Related Post