米ハワイ州で「弾道ミサイル」警報 誤報と判明 – AFPBB News



【1月14日 AFP】(更新、写真追加)米ハワイ州で13日朝、住民の携帯電話に「ハワイ方向に向けた弾道ミサイルの脅威。今すぐ避難せよ。これは訓練ではない」という緊急警報が届いた。しかしその後、警報は間違いだったことが確認された。

 同州選出のトゥルシ・ガバード(Tulsi Gabbard)下院議員(民主)はツイッター(Twitter)で、「ハワイ、これは誤報だ」と投稿し、「私が当局に確認したところ、ハワイに向けて発射されたミサイルはないことが判明した」と付け加えた。

 また、ハワイ緊急事態管理局(Hawaii Emergency Management Agency)は、「ハワイに対するミサイル発射の脅威はない」とした。

 米太平洋軍(US Pacific Command)のデービッド・ベンハム(David Benham)報道官も、同軍は「ハワイに対する弾道ミサイルの脅威は探知していない。先ほどのメッセージは誤って送られたものだ」と述べた。

 最初の警報から約40分後に「ハワイ州へのミサイルの脅威・危険はない」とするメッセージが送信され、誤報だったことが通知された。

 メッセージの発信元の緊急警報システムは、生命に関わる非常事態が生じたことを大衆に知らせる際に全米の当局が使用するもの。

 米国と北朝鮮の間では、北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐり緊張関係が続いており、住民の間に動揺が広がった。(c)AFP



Related Post