(朝鮮日報日本語版) 読者の意見:太極旗集会参加者の銀行口座追跡は極めて稚拙(朝鮮日報日本語版)



 女子高時代の同期生たちと昼食を共にした時に聞いた話だ。ある同期生が自宅を出る際、受け取った郵便物を地下鉄の中で見てびっくりしたという。その郵便物は「金融取引情報提供事実通知書」だった。その話を聞いた時、朝鮮日報の1月6日付で「太極旗集会を支援した2万人を対象に警察が銀行口座を調べている」と報じられたことを思い出した。

 その同期生は「去年、1000台のトラクターとたいまつを持ったデモ隊が光化門に行ったというので、それはおかしいと思って太極旗集会に参加したが、金銭の支援はできなかったので署名欄に名前と住所、電話番号を書いただけ」と説明した。その後は何事もなかったように過ごしていたが、ある日突然このような通知が来て「これが国か」と怒りを隠せなかったという。

 誰にでも各自の考え方や判断があるものだ。それが自分と違うからといって「腕章」を見せつけるような行為は本当に稚拙だ。またこの国の警察は本当にここまで暇なのだろうか。

ヤン・ギョンジャさん(ソウル市銅雀区)

【関連記事】

Related Post