朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外” – 産経ニュース



 朝鮮半島危機を踏まえ、在韓邦人の退避が大きな課題となっている。開戦直前の退避ならまだしも、韓国が北朝鮮の先制奇襲攻撃を受けた場合、その後の国外退避はどういった状況となるのか。参考となるのは約40年前の大脱出「フリークエント・ウインド」作戦だ。(岡田敏彦)

 ヘリがあなたを迎える場所

 フリークエント・ウインド作戦とは、ベトナム戦争末期の1975年、南ベトナムの首都サイゴン(現在のホーチミン市)から、ヘリコプターにより在ベトナム米国人を脱出させた作戦の名称。4月29日から30日の約24時間の間に、在留アメリカ市民1373名を沖合の米空母へ避難させた。加えて南ベトナム政府関係者や市民、孤児、その他の国籍者5595名も共にヘリで避難した。だが、計画通りすんなりと脱出できたわけではない。

 在ベトナム米大使館は米国市民の避難方法を説明したガイドブック「一般市民への緊急時の助言と指導」と題した15ページの小冊子を、事前に在ベトナムの米国民に配布していた。「ヘリコプターがあなたを迎える場所」など、避難行動の全てが簡潔に記されていた。もちろん「他の人に知らせないで下さい」との注意書きも記されていたが、サイゴンの市民には筒抜けだった。一説には、脱出用に選ばれたビルの屋上に、迎えのヘリを誘導する着陸標識をペンキで描く仕事がサイゴン市民に発注されたという。

 ホワイト・クリスマス

 集合場所へ集まる合図は、米国人なら誰でも知っている曲「ホワイト・クリスマス」。季節外れの4月にこの曲がラジオから流れれば急いで集合場所に向かう手はずだったが、この情報も漏れていた。さらにまずいことには、ベトナムの人々はこの曲が流れる以前に、南ベトナム国家の崩壊を察知していた。

続きを読む



Related Post