報道の自由度ランキング 韓国は7段階上昇して63位 – KBS WORLD Radio News



報道の自由度ランキング 韓国は7段階上昇して63位

国際NGOの国境なき記者団が25日発表した、2017年の「報道の自由度ランキング」で、韓国は、調査対象の180か国・地域のうち、63位と、前の年に比べて順位が7段階上がりました。

朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾につながった、朴前大統領とその親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の一連の疑惑についての報道が評価されたためです。

国境なき記者団は、「朴前大統領の弾劾につながった、一連の政治スキャンダルについての報道は、マスコミの批判機能が働いていることを示している」と評価しました。

しかし「依然として北朝鮮との関係についての公の場での論争は、国家保安法によって規制され、これがオンライン検閲の要因にもなっている。また、名誉毀損罪は、マスコミの自主規制を招いている」と指摘しました。

韓国の報道の自由度ランキングは、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2006年にこれまででもっとも上位の31位となりましたが、その後低下し、去年は70位ともっとも低くなっていました。

一方、北韓は最下位の180位で、中国は176位、日本は前年と同じ72位でした。

Related Post