米「北朝鮮に追加制裁を」 安保理会合 – 日本経済新聞



 【ニューヨーク=高橋里奈】国連安全保障理事会は28日、北朝鮮問題を協議する閣僚級会合を開いた。ティラーソン米国務長官は、北朝鮮による日韓両国への核攻撃について「脅威が現実のものになっている」と懸念を示し、新たな制裁を科すべきだと主張した。同会合に先立ち日米韓は外相会談を開き、北朝鮮が核実験を実施した場合は「断固たる対応」が必要との認識で一致した。

28日、安保理閣僚級会合で発言するティラーソン米国務長官=AP

28日、安保理閣僚級会合で発言するティラーソン米国務長官=AP

 閣僚級会合は4月の安保理議長国である米国の呼びかけで開いた。ティラーソン氏は経済制裁の強化や外交手段を通じて圧力を強める必要があると強調。加盟国に安保理制裁決議の完全な履行や北朝鮮との外交関係の制限のほか、より強力な制裁の必要性を訴えた。

 ティラーソン氏に続いて発言した岸田文雄外相は「厳格かつ全面的に安保理の制裁決議を履行することを通じ、北朝鮮への圧力を強化することを求める」と表明。「北朝鮮による核実験を含む挑発行為に対し、より厳しい決議を採択すべきだ」と力説した。

 閣僚級会合には日米英に加え、中国の王毅外相ら7人の理事国外相が参加し、関係国として韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相も出席。ロシアのラブロフ外相は参加を見送った。

 安保理会合に先立つ日米韓外相会談では、中国にさらなる取り組みを求める方針を確認した。会合後、米中外相は会談し、北朝鮮問題を協議する。日中外相も会談した。



Related Post