中国と英国を結ぶ初の貨物列車、復路便が浙江省に到着 写真4枚 国際 … – AFPBB News



2017年04月29日 16:04 発信地:北京/中国

このニュースをシェア


1/4 中国と英国を結ぶ初の貨物列車、復路便が浙江省に到着 写真ギャラリーをみる
英ロンドンから各種商品が入ったコンテナを積んで中国東部沿岸の浙江省義烏に到着した貨物列車(2017年4月29日撮影)。(c)AFP

【4月29日 AFP】中国と英国を直接結ぶ初の貨物列車が29日、中国東部沿岸の浙江(Zhejiang)省義烏(Yiwu)に到着した。英ロンドン(London)からの距離は1万2000キロで、世界で2番目に長い路線だ。

 この路線は、西欧との貿易強化に努める中国の現代版シルクロード構想「一帯一路」の最新例。世界最大の貿易国である中国は同構想を2013年に打ち出して以来、広大なインフラ整備に巨額を投じている。

 ウイスキーや赤ちゃん用ミルク、医薬品、機械類が積まれた列車はロンドンを今月10日に出発し、フランス、ベルギー、ドイツ、ポーランド、ベラルーシ、ロシア、カザフスタンを経て、20日間かけて義烏に到着した。義烏は消費財の卸売りの中心地だ。

 この新ルートはロシアの有名なシベリア鉄道(Trans-Siberian Railway)より長いが、2014年に開通した中国とスペイン・マドリード(Madrid)を結ぶ世界最長路線よりは約1000キロ短い。

 ロンドンは中国の国有鉄道会社、中国鉄路総公司(China Railway)の新貨物網で結ばれた15番目の都市。同社によれば、空輸より安く、海運より速いという。

 浙江省政府によれば、船で輸送するより30日短縮できるはずだが、今回の試験運行では予定していた18日間より2日多くかかった。

 義烏当局によると、「東風号」と名付けられたこの列車が一度に運べるコンテナは88個。コンテナを1万~2万個積載できる貨物船に比べてはるかに少ない。

 この野心的なプロジェクトのコストは明らかにされておらず、経済的に意味があるのか疑問を呈する専門家たちもいる。(c)AFP

Related Post



コメントを残す