北朝鮮の平昌参加支援など「平和五輪」へ努力=韓国統一部(聯合ニュース)



【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の李有振(イ・ユジン)副報道官は8日の定例会見で、「北の五輪参加への支援など、平昌冬季五輪を平和五輪にするための努力を一貫して続けていく」と述べた。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の北朝鮮訪問が実現した場合の統一部の対応を問われると、「政府の立場に変わりはない」としながら、平昌五輪組織委員会や国際競技連盟などを通じた積極的な意思疎通に努める考えを示した。

 バッハ氏は来年2月に韓国で開かれる平昌五輪への北朝鮮の参加問題を話し合うため、早ければ年内に訪朝する方向で北朝鮮側と協議していると伝えられた。韓国政府と協議した上での訪朝推進とされる。

Related Post