(朝鮮日報日本語版) 【社説】北の脅威とダチョウのように地面に頭を埋める韓国(朝鮮日報日本語版)



 韓国外交部(省に相当、以下同じ)の康京和(カン・ギョンファ)長官は5日、米CNN放送とのインタビューに応じ「北朝鮮が11月29日に発射したミサイルが大陸間弾道ミサイル(ICBM)である具体的な根拠はない」とする韓国政府の立場を改めて繰り返した。康長官は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が米国のトランプ大統領に語った技術的問題を取り上げ「北朝鮮がICBM技術を確保したとは立証できない」と主張しているのだ。これに対してCNNのインタビュアーは「(韓国では)誰もがダチョウのように頭を地面に埋めているのでは」と指摘した。ダチョウは猛獣に追われると頭だけを地面に埋めて周りを見ず安心するそうだ。つまり韓国政府の言動はダチョウとよく似ているというのだ。

 CNNのインタビュアーによるこの「ダチョウ」発言は具体的に誰かを名指ししたものではなかったが、北朝鮮の核問題という現実を過小評価し、顔を背けようとする韓国政府のことを言ったのは間違いない。米中央情報局は報告書の中で「北朝鮮のICBMを阻止する期限はもう3カ月しか残っていない」と指摘している。つまり米国では政府も民間も「北朝鮮によるICBMの完成は目前に迫った」と考えているが、韓国は「北朝鮮はレッドラインを越えていない」と主張し続けている。米国が韓国のことをどう考えるか十分に想像がつくというものだ。

 北朝鮮と隣接する中国吉林省の機関紙は、北朝鮮で核をめぐる有事が発生した際の対応要領などを1面全てを割いて報じた。この報道が問題視されると、中国国営の環球時報は「北朝鮮による第1次の攻撃対象は韓国なので心配するな」という趣旨の社説を掲載した。ところが文大統領は6日に国内の宗教指導者たちを招いた懇談の席で「北朝鮮の核問題は北朝鮮と米国が中心にならざるを得ない」と述べた。中国は「韓国が攻撃対象」としているが、韓国の大統領はこれを「米朝間の問題」と言っているのだ。

【関連記事】

Related Post