韓国監督が2連覇に意欲 日本戦「勝ちたい」=サッカーE―1



【東京聯合ニュース】サッカーの東アジアE―1選手権(旧東アジア・カップ)に参加する男子代表の公式記者会見が7日、東京都内のホテルで行われ、韓国代表の申台龍(シン・テヨン)監督は「まだこの大会で2回連続優勝したチームはない」と述べ、同大会初の2連覇に強い意欲を示した。大会は韓国と北朝鮮、日本、中国の4チームが出場し、男子は9〜16日に東京・味の素スタジアムで行われる。

記者会見で試合への意欲を語る申台龍監督=7日、東京(聯合ニュース)

記者会見で試合への意欲を語る申台龍監督=7日、東京(聯合ニュース)

 韓国は同大会で最多となる3回(2003年大会、08年大会、前回の15年大会)の優勝を果たした。9日に中国、12日に北朝鮮、16日に日本と対戦する。申氏の監督就任後初の日本戦、北朝鮮戦となることから、各試合の結果そのものにも注目が集まる。

 申氏は特に、日本との最終戦について「勝ちたい。ワールドカップ(W杯)ロシア大会を前にすばらしいプレーを見せ、共に成長できることを期待する」と意気込みを語った。

 また「日本とは常に良いライバル関係だが、ロシア大会では別々の組で共に良い成績を収め、アジアのサッカーが今や世界の辺境ではないことを(男子日本代表の)ハリルホジッチ監督と私が示したい」と述べた。

tnak51@yna.co.kr















Related Post