(朝鮮日報日本語版) ロングダウンの次は「平昌スニーカー」、予約が3万足突破(朝鮮日報日本語版)



 2018年平昌冬季オリンピック記念シューズ「平昌スニーカー」が、事前予約開始から6日で予約数3万足を突破、「平昌ロングダウン」ブームに続く人気をみせている。
 
 ロッテデパートは、今月1日から平昌スニーカーの事前予約受け付けを開始した。その結果、6日までに予約者の人数は2万人を超え、予約数は初期調達5万足の60%に当たる3万足を突破したという。1人あたり2足まで購入できる平昌スニーカーは、ロッテデパートのホームページと2018平昌冬季五輪公式オンラインストアで、7日まで事前予約を受け付けている。
 
 平昌スニーカーは、平昌冬季五輪公式ライセンス業者のロッテデパートが、平昌ロングダウンに続いて企画した商品。天然牛皮で作られた平昌スニーカーは、サイズ22センチから28センチまで、1センチ単位でサイズを分けて発売された。
 
 かかとの部分には、2018平昌冬季五輪のスローガン「Passion. Connected」が記されている。価格は1足5万ウォン(約5145円)で、ほかの牛皮素材の運動靴より5割から7割安い。ロッテデパート側は、今後も2018平昌冬季五輪の開催成功につなげられるよう、さまざまな商品を企画する予定だという。

【関連記事】

Related Post