中国景気の強さは「長期にわたる」可能性-KKR創業者のクラビス氏 – ブルームバーグ



米プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社KKRの共同創業者であるヘンリー・クラビス氏は中国について、成長鈍化にもかかわらず相当な期間にわたって景気の強さが持続する可能性があるとの認識を示した。

  クラビス氏は7日に中国・広州で開かれたフォーチュン・グローバル・フォーラムで、「当局が金融機関に焦点を絞り、しっかり制御し、社会の調和を維持することができる限り」、世界最大の人口を抱える中国は成長を続けることが可能だろうと述べた。

ヘンリー・クラビス氏

撮影:Jessica Hromas / Bloomberg

  KKRは同社で3本目となるアジアファンドで93億ドル(約1兆470億円)を集め、同地域のPEによる資金プールとしては過去最大の規模となっている。クラビス氏によると、KKRは中国で株式に年間約10億ドル投資し、食品安全や環境、消費者金融を含む産業で機会を探っている。

  8月1日時点で、KKRは現地企業の協力を得て中国のPEや不動産など26の投資案件を完了した。KKRは2007年以降に大中華圏で30億ドル余りを投資。最近は北京、香港に続いて同地域で3カ所目となるオフィスを上海に開設している。

原題:KKR’s Henry Kravis Says China Bull Run Can Go for a ‘Long Time’(抜粋)



Related Post