大韓民国の臨時政府、対日本宣戦布告76周年記念式(中央日報日本語版)



植民地時代の大韓民国臨時政府による対日本宣戦布告76周年記念式が開かれる。

韓国国家報勲処は7日、「大韓民国臨時政府対日本宣戦布告76周年記念式」を8日午前11時、ソウル白凡金九(キム・グ)記念館で開催すると明らかにした。

今回の記念式には朴維徹(パク・ユチョル)光復会長など約200人が出席する予定で、出席者は宣戦布告文の朗読後、万歳三唱をする予定だ。

大韓民国臨時政府は1941年12月10日、日本がハワイ真珠湾を攻撃して太平洋戦争を起こすと、日本に対する宣戦布告文「対日宣戦声明書」を発表した。

【関連記事】

Related Post