中国だけじゃない!世界49の国が対北制裁決議に違反―米メディア



2017年12月7日、米国際放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の中国語ウェブサイトは、国連の対北朝鮮制裁決議に反した行動を取っている国が49カ国に上るとする、米シンクタンクの報告を伝えた。

【その他の写真】

米シンクタンク・科学国際安全研究所(ISIS)の最新報告によると、14年3月から17年9月にかけて、49カ国がそれぞれ異なるレベルで国連の対北朝鮮制裁決議に違反したという。49カ国には中国、ドイツ、ブラジル、インド、フランスのほか、アンゴラ、キューバ、モザンビーク、タンザニア、イラン、スリランカ、ミャンマー、シリアなど北朝鮮と軍事的なつながりを持つ13カ国が含まれているという。

記事は「トランプ米大統領は北朝鮮を国際貿易体系から孤立させることで、北朝鮮の核兵器プロジェクトを放棄させようと努力している。報告は、その過程が直面している試練のレベルについて強調している」と指摘した。

また、日本メディアの情報として「11月に北朝鮮の燃油価格が下落。これはロシアからの石油輸入によるもので、ロシアは米国の努力を無視して、北朝鮮への石油輸出を続けている」と伝えている。(翻訳・編集/川尻)



Related Post