北朝鮮と米国、戦争になる可能性はあるのか | ロイター | 東洋経済 … – 東洋経済オンライン



トランプ大統領「外交的な解決を望む」と言明

 4月27日、トランプ米大統領(写真)は、ロイターのインタビューに応じ、韓国との「ひどい」自由貿易協定を停止あるいは再交渉すると語った。写真はワシントンで撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 27日 ロイター] – トランプ米大統領は27日、北朝鮮の核・ミサイル開発を巡ってこう着状態となれば、同国との大きな紛争が起きる可能性があると述べた上で、外交的な解決を望む姿勢を示した。ロイターとのインタビューで語った。

また、韓国政府に対しては、米軍による新型迎撃ミサイル(THAAD)システム配備の対価として10億ドル(約1110億円)の支払いを求める考えを示した。

「大きな紛争が起きる可能性はある」

29日に就任から100日を迎えるトランプ氏は、大統領執務室でロイターに対し「最終的に北朝鮮と大きな、大きな紛争が起きる可能性はある」と述べた。

一方、平和的な解決を望む姿勢もうかがわせ、「外交的に解決したいが、非常に困難だ」とも語った。

また、北朝鮮の行動抑制に向けた取り組みへの中国の協力について、習近平国家主席を称賛。「精一杯力を尽くしてくれていると確信している。混乱や死は決して見たくないだろう」と述べた。

ただ「そうは言っても習氏が愛情を持っているのは中国であり、中国の国民だ。何かを実行したいと思ってもできないということも恐らくあり得る」との見方も示した。

Related Post