「女囚セブン」剛力彩芽のアクションもっとください – エキサイトニュース



連続ドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)が2017年4月21日放送スタートした。『家政夫のミタゾノ』『奪い愛、冬』などと同じ金曜ナイトドラマシリーズ。
主演の剛力彩芽は、『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』『レンタルの恋』と深夜ドラマに連続出演している。深夜ドラマの女王だ。

キャプション:剛力彩芽『友達より大事な人』

あらすじ

ライバルの芸妓を殺し殺人罪で花園刑務所に入った神渡琴音(剛力彩芽)。しかし、その殺人は冤罪だった。
入所したばかりの琴音の世話を焼く坂本奈津(安達祐実)の罪は食い逃げの詐欺罪。琴音は、DV夫を殺したシングルマザー・市川沙羅(トリンドル玲奈)や、遺産目当ての後妻業をしてきたエロ女・津田桜子(平岩紙)から、さっそく新人いじめを受ける。

女の敵は女という思い込みをあぶりだす

女子刑務所ものに欠かせないことになっているのがいじめやいがみ合いのエピソードだ。
新人受刑者の琴音も、落とし穴に落とされ、勝手にラブレターを書かれ、ゴキブリ丼を食べさせられ、泥棒扱いされる。沙羅と桜子、全身整形のナース・矢島千鶴香(橋本マナミ)は常にいがみ合い「ぺちゃパイ」「満たされない女」「エロ女」などと罵倒し合っている。

女子刑務所のいじめを描いたフィクションでは、韓国映画『親切なクムジャさん』(2005年)がショックだった。刑務所の魔女と呼ばれるボス的な女が、他の受刑者に自分の性器を舐めさせるシーンがあるのだ。
それに比べると、琴音が受けたいじめや桜子たちのケンカはこどもっぽく感じる。女子のいじめの“イメージ”そのもので、「女ってこわ~い!」「やっぱり女の敵は女だよね~」という旧時代的なリアクションを引き出されそうになってしまった。

世の中には、女同士のいがみ合いを見るのが大好きな人たちが意外といる。
『女囚セブン』の予告を見たときは、女に嫌われる女ポジションは橋本マナミ演じる千鶴香かと予想していた。しかし、それを上回っていく桜子役の平岩紙がすごい。

「え~! いや~ん!」
「満たされない女のヒステリーってサイアクゥ~!」
「モテない全身サイボーグが、な~んか言ってるぅ~!」
「あんたと違ってアタシは、“夜の匠”なのぉ~!」

首を細かく振りながら腰をひねり、甲高い声でワーキャーわめくエロ女、桜子。最初は演技が過剰でコメディが過ぎると思ったが、見ていると「確かにこういう女いるわ……」と錯覚してくる。

その他、政治資金規正法違反及び詐欺罪で服役している楠瀬司(山口紗弥加)は、英語と日本語をミックスして話すサバサバ女。



Related Post