朴前大統領の妹、「詐欺容疑」できょう検察に召還 – 中央日報



写真拡大

朴槿令前育英財団理事長。(写真=中央フォト)

  韓国検察が詐欺の容疑で告発された朴槿恵(パク・クネ)前大統領の妹、朴槿令(パク・クンリョン)元育英財団理事長を28日に召還する。

  ソウル中央地方検察庁はこの日、朴元理事長を被告発人の身分として取り調べを行う計画だ。朴元理事長は知人のチョン氏から1億ウォン台の資金を借りた後、一部を返済していないという容疑で昨年7月に李碩洙(イ・ソクス)前特別監察官によって告発された。

  チョン氏は昨年、検察の取り調べで朴元理事長が自身の影響力を誇示しながら億台の資金を受け取った後、返していないという趣旨で述べた。しかし、チョン氏は最近、朴元理事長が借りたお金の全額を返済したとして処罰を望むわけではないという自筆の「事実確認書」を検察に提出したことが分かった。

  検察は朴元理事長を相手に事実関係を確認した後、起訴するかどうかを決める方針だ。

Related Post