中国国際航空が北朝鮮便を停止後すぐに再開? 事実上の平壌便増加で飛び交う噂 – ハーバー・ビジネス・オンライン



中国からの北朝鮮便は高麗航空のほうがメジャー。平壌空港で駐機中の高麗航空のアントノフ148-100B

 4月17日、中国北京と北朝鮮平壌を結ぶ中国国際航空の定期便が停止されたと報じられた。中国国営テレビ(CCTV)が全便が無期限で廃止されると報じたため、中国が北朝鮮への制裁へ本腰を入れ始めたのではとさまざまな憶測が飛び交った。

……と思ったら、今度は5月5日から再開、さらに増便するというニュースが飛び込んできた。そうすると1度停止した意味は何だったのだろうか……。

もともと「事実上の増便」状態だった

 そもそも、北京-平壌の中国国際航空の停止は、3月23日に発表済みだったことだ。にもかかわらずマスメディアは突然決定したかのように報じたのだ。大連の旅行会社によるとこの路線は、長らく赤字だったようだ。そのうえ、同じ月曜日には北朝鮮の高麗航空も飛んでいるどころか、月、火、木、金、土曜日の週5便の高麗航空が飛んでいるので中国国際航空が停止したところで特に大きな問題はないのである。

 しかも、2017年3月26日から10月28日までの高麗航空の最新時刻表によると、瀋陽-平壌は、これまでの水、土に加え、月曜日が増便されている。
 その上先月25日に3日後の3月28日から丹東と平壌を結ぶチャーター便が就航すると発表され、運行期間未確定で現時点も飛んでいるのだ。

 このチャーター便は火、金曜日の週2便で、丹東から平壌までの約200kmを30分ほどで結ぶ国際線となる。丹東の旅行会社によると搭乗率は、おおむね60パーセントくらいで運行されているという。

 これはもはや、事実上の増便である。



次ページチャーター便にまつわる憶測

Related Post