尹東柱の生誕100年記念行事 立教大で23日(聯合ニュース)



【東京聯合ニュース】今年生誕100年を迎えた韓国の詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ、1917~45年)の記念行事が立教大の池袋キャンパスで23日行われる。在日韓国大使館が15日、伝えた。

 「詩人尹東柱の生誕100周年記念 『新しい過去』への旅:ドキュメンタリーと舞台で出会う尹東柱」と題された同行事は立教大異文化コミュニケーション学部と韓国の延世大尹東柱記念事業会、ソウル芸術団が共催する。

 行事では韓国のKBSテレビで昨年放送されたドキュメンタリー映画「不滅の青年、尹東柱」が上映されるほか、ソウル芸術団による創作歌舞劇「尹東柱、月を撃つ」が披露される。 

 また立教大の学生が作ったショートフィルム「尹東柱を旅する」や延世大と立教大の学生による詩劇「ごめんなさい、東柱」なども上演される。 

 そのほかにも講演や座談会を通じて尹東柱の詩と人生が現代人に与える意味について対話する時間も用意される。 

 尹東柱は延世大の前身である延禧専門学校で学び、立教大に留学した。1942年3月に立教大英文科に入学し、その年の10月に同志社大に編入した。翌年7月にハングルで詩をつくったとして治安維持法違反の疑いで逮捕され、1945年2月16日に福岡刑務所で獄死した。 

Related Post