韓国南東部でM5.4の地震 観測史上2番目の規模(聯合ニュース)



【ソウル聯合ニュース】15日午後2時29分ごろ、韓国南東部の慶尚北道浦項市北区の北9キロの地域でマグニチュード(M)5.4の地震があった。震源の深さは9キロ。韓国気象庁が発表した。昨年9月12日に発生した慶尚北道慶州市を震源とするM5.8の地震に次ぎ、韓国で観測史上2番目の規模だ。

 気象庁は当初、地震の震源地を浦項市北区の北6キロ、規模を5.5にしていたが修正した。

 午後2時49分にはM3.6、午後3時にはM2.9の余震も付近で発生しており、気象庁は引き続き余震に注意するよう呼び掛けている。 

 揺れは慶尚北道や慶尚南道だけでなくソウルなど全国各地で観測された。浦項市内では一部の住民らが緊急避難した。

Related Post