韓国南東部でM5.4の地震 全原発は正常稼働(聯合ニュース)



【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁によると、15日午後2時29分ごろ南東部の慶尚北道浦項市の北9キロの地域でマグニチュード(M)5.4の地震があった。原発を運営する韓国水力原子力は地震による影響はないと発表した。

 韓国では原発24基が商業運転中だ。今回の地震の震源地から最も近い原発は約45キロ離れている月城原発(慶州市)。同原発などすべての原発で発電停止や出力減少なく、正常に運転されているという。

 原発24基はM7.0の地震に耐えられる新古里3号機を除き、M6.5に耐えられるよう設計されている。

Related Post