(朝鮮日報日本語版) 北の官僚が米研究員に質問「トランプは頭がおかしいのか」(朝鮮日報日本語版)



 米国のドナルド・トランプ大統領は本当に「頭がおかしい(nut)」のか、と北朝鮮側が米国の韓半島(朝鮮半島)専門家に尋ねたという。米国の政治専門メディア「ポリティコ」が13日(現地時間)に報じた。

 北朝鮮外務省の官僚との「1.5トラック」(半官半民)対話に参加してきたシンクタンク「ニュー・アメリカ財団」のスザンヌ・ディマジオ上級研究員は13日、「ポリティコ」のインタビューに応じて「北朝鮮側は、トランプ大統領は頭がおかしいのか、さもなくば単におかしいふりをしているだけなのか知りたがっていた」と語った。ディマジオ氏は、ノルウェーのオスロ、ロシアのモスクワなどを行き来して北朝鮮と非公式の対話を続けている、米国内の代表的な「対話派」の人物だ。ディマジオ氏は、北朝鮮側が「トランプ大統領は(弾劾されて)大統領職を長く務められないかもしれないのに、なぜわれわれが交渉を始めないといけないのか、とも尋ねた」とも伝えた。さらに「あちら(北朝鮮)はニュースを極めて細かく見守っている。CNNテレビを24時間、1週間ずっと見て、トランプ大統領のツイッターも読んでいる」と語った。

【関連記事】

Related Post