中国で軽自動車が人気がない「メンツ以外の理由」=中国報道



 中国では自動車は所有者の社会的地位を示すツールという側面があるため、車は「大きくて高級感があるほどメンツが立つ」と考える人が多い。それゆえ中国で人気があるのはセダンやSUVであり、小さな車は決して人気ではない。

 日本の2016年における軽自動車の新車販売台数に対する割合は34.7%だった。同割合はここ最近は低下傾向にあるものの、それでも新車販売台数の3分の1以上が軽自動車であることは、中国ではとても考えられないことだと言える。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、軽自動車には価格の安さと燃費の良さという強みがあると伝える一方、軽自動車が中国でなぜ売れないのかを考察している。

 軽自動車は厳密に言えば日本独自の規格ではあるものの、記事は「スズキ・アルトなど中国国内で生産・販売されていた軽自動車もあるが、今日の中国では軽自動車はほとんど見かけない車種となった」と紹介。だが、軽自動車は実用的で燃費も良いため、実際には中国においても理想的な車だと伝える一方、おそらく中国ではしばらくは軽自動車は売れない車種であり続けるはずだと論じた。

 続けて、中国では日本や米国に比べ、人口1000人あたりの自動車保有台数はまだまだ少ないが、大都市では自動車の購入制限が行われていて、一家で2台も3台も自動車を保有するのが難しい状況にあると指摘。しかも中国は自家用車の年間走行距離は平均1万5000キロを超えるという統計があるが、1台しか車を持てない可能性があるとなれば、中国の家庭におけるニーズを満たしきれない軽自動車ではなく、別の車を購入したいと考えるのが普通だとし、だからこそ大人数が乗れて、長距離移動も楽で使い勝手の良いSUVが売れるのだと考察した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】
日本はその気になれば空母だって・・・「絶対に日本から目を離すな」=中国報道
これぞ日本のソフトパワー!「漫画の聖地巡礼」に訪日する中国人の手記
日本ってこんな国だったんだ!「訪れて初めて知る、不思議な日本」=中国
人身売買が目的の誘拐がないから?それだけじゃない!日本で「子どもだけで登下校できる理由」=中国
屋内で靴を脱ぐ習慣のない中国人「日本の学校で靴を履き替えることに、そんな理由があったなんて」=中国



Related Post