(朝鮮日報日本語版) 北朝鮮兵亡命、北の銃弾は南側まで飛んでいた(朝鮮日報日本語版)



 北朝鮮軍が今月13日、板門店の共同警備区域(JSA)で韓国側に亡命しようとした兵士に向けてAK小銃および拳銃でおよそ40発の銃撃を加えた際、銃弾の一部が軍事境界線(MDL)を越えたにもかかわらず、韓国軍は対応射撃を行わなかったことが判明した。韓国軍当局は、亡命兵士を追撃してきた北朝鮮の軍人がMDLを越えた可能性もあるとみて、国連軍司令部と共に調査を行っている。韓国軍の交戦規則上、北朝鮮軍がMDLの南側へ射撃を行った場合、警告射撃などを行うことになっており、韓国軍の対応が適切だったのかどうかを巡って指摘も出ている。また、この北朝鮮軍兵士がMDLを越えてから16分たってようやく、MDLの南側でこの兵士を発見していたことも判明した。

 韓国軍合同参謀本部(合参)のソ・ウク作戦本部長(陸軍中将)は14日、国会国防委員会における業務報告で「午後3時14分ごろ、北朝鮮側の板門閣南方で移動する北朝鮮の軍人3人を観測し、続いて3時15分ごろ、北朝鮮の軍人1人がジープ型の車に乗って突進し、南側へ来るのを識別した。北朝鮮の軍人3人と敵の哨所にいた1人が(亡命兵士を)追撃して銃撃し、およそ40発撃ったものと判断している」と説明した。この過程で、韓国軍の対応射撃はなかった。この件に関して、保守系野党「自由韓国党」の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)議員が「JSAで北朝鮮の銃弾が韓国側に飛んできた最初の事件ではないか」と質問したのに対し、国防部(省に相当)の宋永武(ソン・ヨンム)長官は「その通りだ」と答弁した。

 韓国軍による14日の報告と発表を総合すると、午後3時15分にジープ型の車が突進するところまで識別した後は、監視線上から消えたものとみられる。「3時31分に、倒れている北朝鮮軍兵士を南側の地域で発見した」と言っているからだ。韓国軍では、兵士を発見した後、監視カメラなどを確認するという方法でようやく状況を「推定」していると伝えられている。韓国軍関係者は、対応射撃をしていないことについて「JSAでは、味方への直接的な危害、危機的状況が深まる可能性などを考慮する国連軍司令部の交戦規則が適用され、当時はこの条件に該当せず、射撃は行わなかった」と語った。このほか韓国軍当局は、JSA内部への小銃の搬入を禁止した停戦協定に違反して北朝鮮が小銃の射撃を行ったことを把握。これにより、軍事停戦委員会の調査を経て、北朝鮮側に強く抗議する計画だ。

【関連記事】

Related Post