(朝鮮日報日本語版) 韓国の平均初婚年齢、男性32.8歳・女性30.1歳(朝鮮日報日本語版)



 韓国統計庁は22日、昨年結婚したカップルが28万1600組で、前年比2万1000組(7.0%)減少し、1974年(25万9100組)以降の42年間で最低だったと発表した。

 結婚したカップルが30万組以下に落ち込んだのは、76年以来40年ぶりだ。人口1000人当たりの婚姻件数を示す粗婚姻率は5.5件で、70年の統計開始以降で最低だった。

 平均初婚年齢は上昇が続き、男性は32.8歳、女性は30.1歳だった。1年前に比べ男性は0.2歳、女性は0.1歳上昇した。これについて、統計庁は結婚適齢期である25-35歳の人口が減少した上、経済状況が困難で結婚を先送りしたり断念したりする男女が増えたためと分析した。世界的な金融危機が起きた2008、09年にも結婚カップルが前年比でそれぞれ4.6%、5.5%減少した。

 女性が1-2歳年上のカップルは20年前には7.3%だったが、昨年は11.4%に増えた。昨年結婚式が最も多かった月は12月(10.1%)で、9月(6.3%)最低だった。

 外国人との結婚は2万600件で、全体の7.3%を占めた。妻の国籍はベトナム(36.3%)、中国(28.3%)が多く、夫の国籍は中国(25.4%)、米国(23.9%)の順だった。

 離婚は10万7300組で、前年を1800組(1.7%)下回った。結婚後20年以上の「熟年離婚」が30.4%を占めた。

【関連記事】

Related Post